ノースフェイスのアウターにはたくさん種類あって、どれが良いのかってわかりにくい部分ではあるんですが、街着に良さげなものを発見!!
それがタイトルにもある「クラウドジャケット」。

クラウドジャケットは防水素材でレインウェアとして使えるジャケットとなっています。

ゴアテックスのPacLiteを採用しているジャケットなんですが、「Lite」と書かれている素材からわかるように軽くなっているのが特徴的な素材で、ゴアテックス特有のゴアゴア感もないしなやかな素材になるのが良いところみたいです。

ポケット位置も普通のパーカーなどと同様の位置に付いているので使いやすい。


じゃあデザインはどんなの?ということで、こちら。


ノースフェイス クラウドジャケット<2020 春夏>

ノースフェイスに特有の肩部分の切り返しがないシンプルなデザインとなっています。
これでお値段が26,000円程度なのでゴアテックス採用のウェアにしては比較的安く手に入るのも嬉しいところ。

ポケッタブル仕様になっているので、梅雨に向かって準備しておくと良いかもしれません。
関連記事
テーマ : キャンプ
ジャンル : 旅行