今年から販売されたノースフェイスのスーパークライムジャケット。
クライムライトジャケットなどもあるので、どう違うの?って気になったので調べてみました。

スーパークライムジャケットは主に「動きやすさ」を意識して作られているモデルとなっているようでした。

スーパークライムジャケットはハードシェルの分類になっています。
一般的にハードシェルは外からの濡れ対策で防水透湿性の高いゴアテックスなどを使用しているので、ストレッチ性がない場合がほとんどです。

クライムライトジャケット同じくゴアテックスを使用しているので比較的にゴアゴアして動きにくさは否定できません。
しかし、スーパークライムジャケットはゴアテックスC-KNITを採用しています。

C-KNITはストレッチ性の高いゴアテックスなので、登山の山頂やクライミングをする時でも動きやすくなっているようです。


同じ似た素材を利用したものにオールマウンテンジャケットがあるんですが、こちらとの違いとしては表地の厚さが70デニールなので、残雪期まで対応しているみたいです。
だからもし夏山メインで遊ぶのであればスーパークライムジャケットが良いみたいですが、残雪期まで幅広い時期を登山するならオールマウンテンジャケットのほうが良さそうでした。

個人的には夏山なのでスーパークライムジャケットを選ぶほうが良さそうだなという感じでした。



登山するときのウェア選びは迷っちゃいますが、悩んでいるのもたのしいよなぁ〜なんて思いながら見ていました。
うぅ〜ん、クライムライトジャケットかと思っていたんですが、ノースフェイス スーパークライムジャケットもありだなぁ〜と余計迷うことになってしまいましたw


ノースフェイス スーパークライムジャケット メンズ THE NORTH FACE Super Climb Jacket トップス アウター ジャケット NP11910 <2019 春夏>
関連記事
テーマ : クライミング
ジャンル : スポーツ